キャッシングの3つの種類の特徴

キャッシングにも種類がある?

キャッシングの3つの種類の特徴

お金を借りるキャッシングには3つの種類があります。 (1)銀行系キャッシング(2)信販系キャッシング(3)消費者金融系キャッシングです。 それぞれのキャッシングサービスは審査のスピードや限度額や利息はさまざまです。 ここでは、キャッシングの3つの種類の特徴を解説しましょう。

1番目は銀行系キャッシングです。 このキャッシングサービスは銀行や銀行の関連企業や子会社が提供しますが、最近では銀行系カードローンという呼び方の方がピンとくるかもしれないです。 安定した経営と豊富な資金力がありますから不安感がなくお金を借りることができます。

商品のラインナップも豊富で低金利商品や限度額面も数多く揃えています。 多額のお金を融資していただいて長い年月で返済する予定の人にはうってつけです。 けれども当然ですが審査はとても厳しくシビアです。

銀行系キャッシングの魅力は審査がとても早いことで早ければ数秒で審査が完了してしまいます。 明確な審査基準を満たしておれば簡単でしょう。 その銀行で公共料金の支払いをしていたり給料の振り込み口座にしていると審査は通りやすくなります。 場合によっては実質金利もお得になるケースもあるようです。

2番目は信販系キャッシングです。 これはクレジットカード会社など信販会社が行っている金融サービスです。 特徴としては銀行系キャッシングと比較すると金利はやや高めの傾向があります。 けれども消費者金融系キャッシングよりは金利は安めになりますので両者の中間的な立ち位置です。

提携しているキャッシュディペンサーやATM機も増えてきています。 手軽に借入ができるのが魅力的で便利に使えるでしょう。 クレジットカード契約があれば特になにもせずともキャッシングができます。

ポイントサービスやショッピング優待などの付帯サービスも充実しています。 デメリットはクレジットカードに付いているキャッシングサービスは金利が高めであることです。 キャッシング専用カードを利用する方が金利では有利でしょう。

3番目は消費者金融系キャッシングです。 銀行や貸金業者など金融機関が提携先企業を通じたり直接に融資するキャッシングサービスです。 銀行系キャッシングや信販系キャッシングと比較すると上限額は低い傾向にあります。

利率は高めの設定ですが審査基準は甘いです。 即日融資――なんといってもこれが一番のセールスポイントでしょう。 信販系キャッシングと同様に提携しているキャッシュディペンサーやATMマシーンも普及していますから便利に利用でき返済も簡単です。

↑ PAGE TOP