葉酸サプリと薬の飲み合わせ

現在持病などで飲んでいる薬があるという方は、葉酸サプリとの飲み合わせについても知っておかなければなりません。

葉酸サプリは薬ではありませんが、中には飲み合わせが悪いものもあるのです。

そもそも葉酸とは何かというと、これは野菜などに豊富に含まれている栄養素のこと。 そのため、過剰摂取さえしなければ葉酸自体に副作用の心配はほぼありません。

他の薬との飲み合わせにおいて特に注意が必要になってしまうのは、フェニトインという薬です。 こちらは抗てんかん薬であるため、飲んでいる方は気をつけましょう。

仮にこの薬を葉酸サプリと一緒に飲んだ場合、薬の効果がなくなってしまいます。 自分では薬を飲んでいるつもりでも意味がなくなってしまうので注意しなければなりません。

それから、他にも抗炎症薬や合成抗菌薬、抗生物質の中にも飲み合わせとしておすすめできないものがあります。 これらと葉酸サプリを一緒に飲んでしまった場合、葉酸の効果が薄くなってしまうのです。

ただ、持病の薬などは飲まないわけにはいきませんよね。 そういったケースではどうすれば良いのかというと、時間をあけて飲みましょう。

薬の服用をしてから数時間後に葉酸サプリを飲むと良いですね。

どういった飲み方をするのが最適かというのは薬によって違います。 まずはかかりつけの医師に相談をし、理想的な飲み方について確認してみると良いでしょう。

妊娠中だからといってすべての薬が飲めなくなるわけではありません。 ただ、飲み合わせによってはお互いの効果を消してしまったり、弱めてしまうものがあるということを知っておく必要があります。

これは、薬に限った話ではありません。 例えば、お酒も飲みすぎると葉酸サプリの吸収を妨げてしまうため、飲みすぎには注意しましょう。

そもそも妊婦はお酒を飲むこと自体禁止なので、この点は心配ないかもしれません。

薬を飲む際には葉酸サプリとの飲み合わせをチェックした上で飲むのがおすすめです。

ページの先頭へ