3パターンのキャッシングの流れ

キャッシングに申し込むまでの流れ

3パターンのキャッシングの流れ

キャッシングを申し込むには3つのパターンがあります。 (1)店頭申込(2)Web申込(3)無人契約機申込です。 それぞれ利用する場合は違った流れになります。 ここでは、3パターンのキャッシングの流れを簡単に説明したいと思います。

1番目は<店頭申込>の場合です。 まずは印鑑や身分証明書などの必要書類をご準備いただき店頭へ行きます。 窓口でキャッシングの申込手続きをいたします。 内容は本人確認・申込記載・融資金額の確認です。

次にキャッシングの審査に入りますが勤務先の所在地や年収などを確認します。 審査にパスすると融資が実行されて専用カードが発行されます。 この際に大切なことはキチンと返済方法を確認しておくことです。

会社によっては1週間とか1カ月とか無利息のキャンペーン期間を設定している場合もあります。 そういったキャンペーンがあれば有効活用しましょう。 コンビニATMで返済できたり、口座から引き落としされる返済などで利息が上がらないタイミングで返済するといいでしょう。

2番目は<Web申込>の場合です。 まずはスマートフォンサイトやPCサイトにアクセスして申込手続をします。 具体的には氏名・現住所・決済口座情報など個人情報が中心になります。

そのデータを元にしてキャッシングの審査があります。 審査が完了すれば確認の電話や確認メールが届きます。 その後、指定した口座へお金が振り込まれます。

後日、書面での契約書が郵送されますから必要事項を記載して返送してください。 キャッシング会社から契約書の本人控えとカードが郵送されてきます。 会社によって違いますが審査の結果連絡後に店頭窓口に出向いたり自動無人契約機を利用して契約手続きが必要なケースもあります。 もしも当日融資を希望する場合は、受付時間を午前中だけにしている会社も多いのでチェックしておきましょう。

3番目は<無人契約機>の場合です。 無人契約機が設置されているブースに入ります。 モニター画面の指示に沿ってインプットして行きます。 無人ですが実際にはカメラで担当者と接続しますから不明な場合はオペレーターと話すこともできます。

備え付けてある申込書に必要事項を記載して自動車運転免許証など本人が確認できる書類と一緒にスキャンして送信します。 30分以内に審査が実行されて借入限度額を決定するキャッシングの審査が行われます。 審査にクリアすれば、即時カードが発行されてキャッシングできるようになります。

↑ PAGE TOP