産後に必要な葉酸とは

葉酸サプリといえば妊娠を希望している方や妊娠中の方が飲むものというイメージが強いかもしれませんが、産後や授乳期にも取り入れたいサプリです。

もしも産後や授乳期に体内の葉酸が不足した状態になると様々な影響が出ることも考えられているため、注意しておきましょう。

妊娠中というのはそうでない時期に比べて体内のホルモンバランスが大きく乱れています。 産後は元の状態に戻るのですが、その際に抜け毛や産後うつ、むくみなどの影響が出る場合があり、これを防ぐのにも葉酸が役立ってくれるのです。

また、質の良い母乳を作るためにも欠かせません。 葉酸は造血ビタミンとも呼ばれており血液を作るのに役立つ栄養素なのですが、母乳というのは血液を元にして作られています。 そのため、十分な量の母乳を作るためにも葉酸は非常に重要な役割を持っているといえるでしょう。

当然ながら赤ちゃんに飲ませる母乳は質が良いものの方が理想的ですよね。 質の悪い母乳を飲んだ赤ちゃんは視力や知力が低下したり、成長にトラブルが発生することも考えられます。

特に授乳期は母乳により赤ちゃんに栄養を与えることからママの体内の葉酸が不足しやすい状態になるので気をつけなければなりません。

ただ、葉酸を摂取するべき量というのは妊娠中と同じではなく、厚生労働省によると一日に340μgとなります。 このうち、100μgは食べ物ではなくサプリメントから取り入れることを推奨しているので引き続き葉酸サプリを飲みましょう。

上限量については妊娠中と同じく一日あたり1,000μgです。 この量を超えて飲むと過剰摂取に繋がる恐れがあり副作用の心配も出てくるので過剰摂取にならないように注意しながら取り入れる必要があります。

葉酸サプリの中には一粒で200μg程度の葉酸が取れるものもあるのですが、そういったものは産後には向かないため、産後は一粒で100μgが摂取できるようなタイプを取り入れていくと良いでしょう。

ページの先頭へ