キャッシングの返済方法

キャッシング返済までの流れは?

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済は(1)一括払い(2)分割払い(3)リボルビング払い――この3つのいずれかでするのが普通です。 ここではローン返済方式について解説をしたいと思います。

1番目は<リボルビング払い>です。 リボ払いと呼ばれることもありますが、毎月定額や定率に設定して返済していく方法のことです。 分割払いの場合は支払い回数を指定します。 一方リボ払いの場合は毎月の返済額を決めます。

月々の返済金額が一定になる特徴があります。 借入する金額が多額になった場合でも返済額は一定ですから金銭的な支払い契約が立てやすいです。

けれどもデメリットがあって金利や手数料率は一括払いや分割払いよりも高くなります。 リボ払いには3つの返済方式があります。

――残高スライドリボルビング方式
この方式は利用残高に連動して毎月の返済金額が変化して行きます。 借入を実際にした金額に沿って返済金額が設定されます。

利用残高が大きい場合は毎月の返済額も大きく設定されます。 利用残高が小さい場合は毎月の返済額も小さく設定されます。 この方式は消費者金融で一番採用されているのです。

――元利定額リボルビング方式
この方式は返済金額に支払わなければならないう利息分を含めた一定金額を月々の返済金額に設定します。 キャッシングサービスを利用する時に定額が決定されるのが原則です。

――元金定率リボルビング方式
この方式は借入残高から定率で計算された支払い金額と支払い利息部分の合計額を月々の返済金額に設定します。 返済するのは定率になりますから返済期間があとになればなるほど返済金額は少なくなる特徴があります。

2番目は<元利均等方式>です。 毎月の返済金額を一定の金額にする返済方法のことです。 月々の返済額は固定ですから返済計画が立てやすいですが、元金均等返済と比較した場合、支払利息の総額は大きくなるので注意しましょう。

3番目は<元金均等方式>です。 月々の返済元金を一定の金額にする返済方法のことです。 実際に返済する金額はこれに利息をプラスした金額です。 元利均等方式と比べた場合に支払い利息の合計額は少なくなります。 けれどもキャッシングの初期段階で元金が多い時期は利息が多くなるので返済金額は多くなる傾向になります。

↑ PAGE TOP