老化防止の食事メニュー

食べるアンチエイジング

アンチエイジングにもいろいろな方法がありますが、 食べることでアンチエイジングをしていくのが一番手軽で確実な方法だとおもいます。

毎日の食事をちょっとだけ見直すことで、アンチエイジングにつながるのなら 今日からでも試してみたくなりませんか?

好きなだけ食べても、キレイに美しくなることができるのなら 誰だって試してみたいと思いますよね。 女優の杉田かおるさんが、毒だしダイエットを実践して、 やせただけでなく、法令線が薄くなって肌もキレイになり若返った事で話題になりましたね。

40代前後のアラフォー世代の女性の間でも、かなり注目され話題になりました。 40歳を過ぎても、可能性があるとだれもが勇気付けられ、励まされた事と思います。 杉田かおるさんが実践した方法のひとつが、食べるアンチエイジングでした。

カラダの中に毒素をためないように、デトックス効果のあるメニューにするものです。 私も試してみましたが、体がすごく温まるのでびっくりしました。 冷え症も、老化を促進させてしまうので、 食べるアンチエイジングには、カラダを温める効果のある食材を使います。

代表的なのが生姜ですね。 カラダを温めることで、血行を促進させ、代謝がアップします。 これで、体質も改善されるので、細胞も新しいものに生まれ変わるサイクルが早まります。 これこそ、求めているアンチエイジングですね。

もうひとつ、アンチエイジングに効果があるのが、お酢です。 お酢にも血行を良くする効果がありますが、 アンチエイジングには、血流力が重要になってきます。

ただ血行をよくするだけでなく、血流力を高めることで、 カラダの隅々まで、新鮮な血が行き渡ります。 これには、お酢を飲むだけでもいいのですが、野菜をプラスすることでさらに効果がアップします。

お酢と野菜といえば、ピクルスがオススメです。 酸っぱいのが苦手な人も、酸味を抑えた和風ピクルスにしてみると意外と 抵抗なく食べることができますので、試してみてください。

毒だしダイエットや、和風ピクルスで検索すると 詳しいレシピなどもわかりますので、調べてみてください。 食べるアンチエイジングもアリだと思います。