老化防止の食事メニュー

乾燥する頭皮の原因とその解決法

脂性肌や乾燥肌というのは顔に限ったものではなく、頭皮も人によっては脂っぽかったり乾燥しがちだったりと肌質が異なっています。 頭皮が乾性タイプの方は痒みが強く、乾燥した皮膚が剥がれ落ちて水気のないサラサラなフケが出てくるのが特徴です。

これらの原因には主に以下のことが挙げられます。


・シャンプーの種類
頭皮を清潔に保つためには当然必要なシャンプーですが、乾性頭皮の場合はその成分が原因で乾燥を引き起こしてる可能性があります。そんな場合は弱酸性である天然アミノ酸系のシャンプーを使うようにし、頭皮への刺激をできるだけ抑えてあげましょう。

非常に刺激が少ないのでアレルギーの方も使用することができる上、洗浄力も高いので汚れもきちんと取ってくれます。 頭皮に傷がつくとそこから菌やヘアケア製品の成分が入り込んで炎症を起こす場合があるのでシャンプーの際は注意が必要です。 爪を立てて洗うなどのダメージを与えるような洗い方は絶対に避けましょう。


・シャンプーの回数が多い
一日に何度も髪を洗う習慣がある方は、皮脂の不足が原因で乾燥を招いている可能性が高いでしょう。 一日一回が理想ですが、乾燥がひどい場合は二日に一回でも構いません。もちろんシャンプーを使わない日もお湯で丁寧に洗ってくださいね。


・アレルギー
自分の頭皮に合わないヘアケア製品を利用したことが原因でアレルギー反応を起こしている可能性があります。 乾燥がさらにひどくなって悪化するとニキビや炎症などのトラブルが起こります。 ケアを続けていても改善傾向がみられない場合はアトピー性皮膚炎になっている場合もあるので、ただちに皮膚科で診てもらいましょう。


秋冬は頭皮の水分が蒸発しやすいため特に気をつけなければならない時期です。 乾燥状態が続くと薄毛の原因にもなってしまうのできちんと保湿ケアを行うことが大切です。 週に数回、ヘアパックで髪を集中的に保湿してあげるのも良いでしょう。